理想の家を建てるなら知っておくべき?注文住宅に関する雑学について解説

注文住宅の間取りで家族が快適に過ごせるようにリビングや台所の配置をどこにするかは重要

自由設計の注文住宅であれば、リビングやお台所の間取りや配置についても、自分たちの希望や情家に合わせながら、自由自在に決めることが可能です。
特にリビングやお台所は、食事や炊事では欠かせない空間である上、家族のコミュニケーションにも重要な役割を負うケースが少なくありません。
したがって注文住宅で快適な暮らしを実現するならば、リビングやお台所の配置を慎重に検討することが求められます。
例えばリビングからの家族や来客の視線が気になるなら、独立型のキッチンにするのが理想かもしれません。
このタイプであれば視線を気にすることなく、調理や洗いに集中できますし、その際に発生するゴミやニオイも隠すことが可能です。
他方で家族や来客とのコミュニケーションを重視するのであれば、キッチンを対面型にした上で、リビングとも一体にするとよいでしょう。
これならばお台所で調理や洗いをしていても、家族や来客に目配りすることもできますし、子育て中の方であれば、リビングで遊ぶ子どもを見守りながら、炊事することも可能になります。

注文住宅をコストダウンするにはどんな工夫をすべきか

注文住宅といえば自由自在な設計やプランニングが魅力ですが、住まいにこだわりが強くなる分、何かとコストがかかりやすいのも現実。
そのため予算に余裕のない施主の中には、結果的に注文住宅を諦めてしまうケースも見られます。
しかし工夫しながらコストダウンを図ることで、当初の理想に近い注文住宅を実現することも、十分に可能です。
例えば延床面積を少なくすれば、建物全体のスケールも小さくなるため、建築資材や設備そして人員の最小化をはじめ、工程の簡略化や短期化、さらには将来のメンテナンスに至るまで、あらゆる点でコストダウンを図ることが可能になります。
また建物の構造をシンプルにすることも、コストダウンでは重要なポイント。
例えば正方形に近い総2階建てのように、なるべく建物の形状をシンプルにすることで、基礎工事の工程や建材そして人員などを省力化できるため、コストダウンにつなげることが期待できるでしょう。
もう1つ忘れてはならないのが、キッチンや浴室あるいはトイレといった水まわりの設備を、それぞれ1つの近いゾーンにまとめること。
こうすることで給排水設備の工事で必要な資材や人員を少なくできる上、将来的なアフターメンテナンスでも費用的な負担が軽減できるため、コストダウンを図るには有効的と言えるでしょう。

注文住宅に関する情報サイト
注文住宅の間取り

こちらのサイトは、注文住宅で理想の家を建てるために知っておきたい雑学についてご紹介していきます。雑学と聞くと家づくりに役立つのか疑問に感じる人も多いかと思われますが、生活スタイルに合わせて設計できることがメリットの家づくりであり、家族全員の生活動線を事前に確認することが大切です。それと、間取りの中でも家族が快適に過ごせるようリビングや台所の配置を考えることも大切など雑学といっても全て役立つ情報です。

Search