理想の家を建てるなら知っておくべき?注文住宅に関する雑学について解説

こちらのサイトは、注文住宅で理想の家を建てるために知っておきたい雑学についてご紹介していきます。
雑学と聞くと家づくりに役立つのか疑問に感じる人も多いかと思われますが、生活スタイルに合わせて設計できることがメリットの家づくりであり、家族全員の生活動線を事前に確認することが大切です。
それと、間取りの中でも家族が快適に過ごせるようリビングや台所の配置を考えることも大切など雑学といっても全て役立つ情報です。

理想の家を建てるなら知っておくべき?注文住宅に関する雑学について解説

注文住宅の間取りの中でも、リビングに階段を設置する方法は外出するときや帰宅したとき、家族が必ず顔を合わせることができるコミュニケーションに良い効果を与えてくれるメリットがあります。
家族のコミュニケーションはマイホームの中でも重要な役割であり、平屋の住宅とは異なり顔を合わせにくい住宅もリビング階段にすることで理想の注文住宅にすることができる、このようなメリットからも注目を集めている人気を集める間取りの一つです。

理想の家を建てるなら耐震性や耐久性のある注文住宅を建ててくれる会社を探そう

注文住宅を建築するにあたり、会社探しをとても重要になります。
注文住宅の会社探しがいい加減だと、良い住宅の建築ができません。
会社によって何が違うかと言えば、1つは耐震性や耐久性になります。
耐震性に関してはとても重要であり、昨今の日本においてどこでも大きな地震が発生することを考えればこれを侮ることができません。
もっとも、耐震性に関して言えば法律の基準で定められており、基本的にその基準以下の住宅は存在しないことになります。
歩家、法律の基準を満たしたからといって必ずしも安全とは限りません。
震度7程度の揺れに耐えられるだけの住宅とは言われていますが、それだけでは不十分なわけです。
そこで、法律の基準よりさらに上の住宅を建築する建築会社が増えてきました。
そのような会社を見つけ出し、依頼をすればそこで結果的に良い結果が出るかもしれません。
そのためには、じっくりと探すことが必要です。
最初はインターネット等でも良いので、比較的近いところにある会社を探してみる必要があります。

注文住宅のよさは材料にこだわれることなので念入りに確認しておくこと

今や注文住宅に人気が集まってきています。
安くてすでに出来上がっているので間取りに拘りがなければ引っ越しするだけですから、面倒さがないからです。
場所や周りの環境をじゅうぶんに把握してから購入することをお勧めします。
人気のある物件は競争率が高いですから、そのあたりも留意しておくことです。
注文住宅は出来上がっていますから、骨組みの様子を知ることが出来ません。
そのため建築材料についてもまったくの無知です。
どうしても建築材料などに興味があれば、ハウスメーカーにお願いするといいです。
ハウスメーカーは資料を提示してくれますから、安心して購入できます。
一生住む家ですから、後悔しないためにも知るべきことはよく知っておくことです。
そのことで納得できて、快適な空間で楽しむことが出来るのです。
自分の家でもあり、家族の家でもありますから、いろいろな情報をハウスメーカーから入手してください。
すべてを自分のものにして購入するのです。

注文住宅を建てる際の費用を計算するのと同時にいくらずつ返済できるのかも知っておくこと

注文住宅を建てるときには、そのコストを計算します。
土地の購入費用や建築の総工費、不動産取得税などです。
さらにこれから毎年かかる固定資産税の計算も必要です。
これをしっかり計算しなければ、人生設計が大きく揺らいでしまいます。
実は注文住宅にいくらかかるだけでなく、ローン返済をどうやってしていくかを考え、いい結果が出なければ注文住宅を買うべきではありません。
ローンの返済可能額を知るには、ファイナンシャルプランナーに相談するのがいいでしょう。
ファイナンシャルプランナーは相談者と似たライフステージ、家族構成の家庭を多く知っています。
それを参考にして、将来に必要となる費用を計算して返済可能額をはじき出してくれます。
子供の学費や車の購入費用などもわかりますので、節約意識も高まります。
これから使えるお金の限度を把握すると、無駄遣いをするのが怖くなるのです。
注文住宅は柔軟な設計が可能ですから、ファイナンシャルプランナーに相談したあとで設計を見直すのも現実的な選択です。

注文住宅の間取りについて家具を買い足すことがないように収納スペースについて見直す

注文住宅は必ずしも成功例に収まることばかりではなく、ここに失敗したという例も存在します。
失敗例の中でも特に多いのが収納スペースについてです。
間取りを考える際、収納場所や数なども考慮して設計を行います。
それで充分なはずという気持ちでいざ建ててみたものの、実際に暮らしてみるとスペースが足りないという事態が起こることが少なくないのです。
結果的に収納家具を購入することになり、生活スペースが狭くなったり、インテリアがゴチャゴチャしてしまったりという失敗は意外とありがちです。
このような後悔をしないためには、収納スペースにゆとりを持たせることが欠かせません。
今は充分な量に思えても、将来的に家族が増えて足りなくなることも考えられます。
ライフステージによって収納スペースの必要量というのは変わってくるものですので、今の状況だけですべてを判断しないよう注意しましょう。
将来のこともしっかりと見据えてこそ、満足度の高い注文住宅を建てられるはずです。

注文住宅で4人家族が全員分の快適に暮らせるスペースを確保するためには?

ファミリー層が家を建てる場合には、子供のことを考えて間取りを決めるのが一般的です。特に親子4人で暮らすケースでは、4LDK以上の建築プランを選ぶことが多いです。しかし敷地面積の限られた都市部では、ポピュラーな施工プランの中から選ぶのが難しいのが実情です。けれども注文住宅であれば、狭小地を生かして理想のマイホームを実現できます。
在来工法を活用して三階建ての注文住宅を新築するのが、とりわけ人気のある家づくりのスタイルです。三階部分を子供部屋にすると、日当たりの良い環境で健康的に暮らせます。家族の独立した部屋を確保することも重要ですが、一方で十分な収納場所をプランに組み込むことも大切です。設計の自由度が高い工法を活用すると、収納用のクローゼットも自由自在に作ることが可能です。鉄筋コンクリートのプランであれば、かなり柔軟に間取りを決められます。したがって小さなスペースを生かして、子供の遊び場や書斎にすることも十分に可能です。

注文住宅のメリットは将来を考えてバリアフリー構造にもできること

自由設計の注文住宅であれば、建物のデザインから間取り、あるいは水まわりの設備や外構スペースに至るまで、住まいのあらゆる部分を自分たちの理想通りに仕上げることが期待できます。
もちろん家族にお年寄りや体の不自由な方がいたり、将来的に自分たちの老後まで考えて、バリアフリー構造の注文住宅にすることも可能です。このタイプの住宅では玄関や廊下あるいは部屋相互間に段差が少ない、トイレや階段には手すりや取手が付いているといったことが、一般的にはイメージされがちです。しかし注文住宅であればもっときめ細かく柔軟に、住まいをバリアフリー化することができます。例えば浴室には車椅子がそのまま入れるように、間口の広い構造やバスタブにしたり、浴室での転倒を防止するために床や壁は滑りにくい資材を採用するなど、様々な工夫が可能です。また日常生活に欠かせないキッチンや洗面所でも、普段から前かがみの姿勢の方や、車椅子の方でも使いやすいように、高さを低めにする、または座ったままでも作業しやすいサイズにする等、注文住宅であれば柔軟な設計が期待できるでしょう。

注文住宅を建てる予定の土地について詳しく知るために役所で都市計画について確認

注文住宅で家を建てようと考えたとき、土地探しからスタートする必要があって土地を探していると市街化調整区域や市街化区域などの文字を目にすることも多いのではないでしょうか。
注文住宅で家づくりをするとき、家にお金をかけたいのでなるべく土地は安い物件などのように考える人も多いといえますが、価格が安いからといっても市街化調整区域内の場合は土地購入や建築に許可が必要だったり、売却するときに高く売れないなどのケースもあるので注意が必要です。この市街化調整区域は、都市計画法の中で規定されているエリアであり、簡単に説明すると住宅や施設などを積極的に作って活性化しない地域などの意味になります。そのため、市街化を目的にしていないことからも人が住むための一般的な住宅および商業施設の建設は基本的に認められていません。これに対し市街化区域は、住宅街や商業施設などがある市街化されているエリアなどからも注文住宅を建てることが可能です。

注文住宅を建てる土地に関して道路斜線制限と隣地境界線に関して確認しておこう

注文住宅の魅力といえば、やはり設計の自由度が高いことでしょう。建物のデザインや間取りはもちろん、土地選びから自分たちの希望や条件に合わせることが可能です。とはいえ、見た目や場当たり的に土地を選んでしまうと、暮らし始めてから様々な不都合が見つかって、結果的に後悔することにもなりかねません。
例えばスーパーやコンビニが周囲にないために、日々のお買い物に苦労したり、駅やバス停から遠いことで、通勤や通学で余計な負担がかかるといったケースが、まさに典型的です。また周囲に高層マンションやオフィスビルがあって、日当たりや風通しが良くないといったケースも目立ちます。さらに土地選びで気をつけなければならないのが、法規上のリスクやデメリットです。建ぺい率や容積率、あるいは高さ制限や日陰規制そして道路斜線制限などの建築制限によって、自分たちが希望した注文住宅の実現が、難しくなることもあり得ます。その上、隣地境界線が曖昧であると、後から隣近所とトラブルになることも考えられます。注文住宅の土地選びでこのようなリスクやデメリットを避けるなら、あらかじめ法規上の制限まで含めて、しっかりと調査しておくべきでしょう。

生活スタイルによっては注文住宅より建て売り住宅のほうが適していることもある

注文住宅は、自分たちのライフスタイルに合った自由度の高い間取りの家をつくることができます。しかし、一方でコストが高くなるだけでなく工期に時間がかかるといったデメリットもあるのです。
注文住宅のこういったデメリットを踏まえると建て売り住宅の方が向いているご家庭があります。注文住宅の場合、土地を購入後、デザインを決めたりなども一から行うため、完成するまでに6か月から1年くらいかかることもあります。何度も足を運ばなくてはいけなかったりなどもするので、まだ子供が乳幼児だったりなどする場合は長い打ち合わせの間に飽きてくるため、気を紛らわせるのに非常に苦労する方も少なくありません。長時間待てないのはどこのご家庭のお子様でもあるあるです。そのため、それほど間取りにこだわりがなく2人から4人など一般的な人数の核家族といったご家庭であれば、建て売り住宅の方がある程度一般的な間取りで作られているものが多いため手間や時間がかからない方が良いというご家庭には適していると言えるでしょう。

注文住宅に関する情報サイト
注文住宅の間取り

こちらのサイトは、注文住宅で理想の家を建てるために知っておきたい雑学についてご紹介していきます。雑学と聞くと家づくりに役立つのか疑問に感じる人も多いかと思われますが、生活スタイルに合わせて設計できることがメリットの家づくりであり、家族全員の生活動線を事前に確認することが大切です。それと、間取りの中でも家族が快適に過ごせるようリビングや台所の配置を考えることも大切など雑学といっても全て役立つ情報です。

Search